データベースの作成ができる


コンテンツマネジメントシステムを導入することでできることの1つにデータベースの作成を挙げることができます。データベースとは上記でも少し紹介しましたが、データを保存しておけるスペースになります。

データベースに全ての形式のデータを蓄積させることはできませんが、基本的にウェブ制作で使用するデータの多くを保存することができます。例えば保存できるデータとしては画像です。画像をデータベースに保管することで管理がしやすくなります。画像だけでなく動画やテキストデータなども保存が可能です。

パソコン基本的に通販サイトでは会員登録をしてもらいサイトで販売している商品を購入してもらいます。会員登録をする時にはメールアドレスやクレジットカード情報などのデータを記載して登録をしてもらうことになります。これらのデータをデータベースで保管することができます。そのため、通販サイト構築にデータベースは必要です。また、データベースがあればメルマガの送信の時にも役立てることができるので、マーケティングをする際にも活用できます。

もし複数のコンテンツマネジメントシステムで迷っている人はデータベースが作成できる機能が搭載されている製品を選択しましょう。

タイマー予約や更新履歴の閲覧もできる

携帯コンテンツマネジメントシステムでできることの1つにタイマー機能があります。タイマー機能では事前に公開したいページを作成しておき、公開したい日に自動でそのページを公開できる機能のことです。例えばホームページを運営している人は今はまだ公開すべき内容ではないが、事前にページ作成が可能な内容になっていますので、作成しておき公開したい日にクライアントに知らせることができます。通販サイトでも同様に、まだ新しい商品は届いていないが、数週間後に届くため、その日に向けてページを作成しておきタイマー機能を利用して入荷日に一斉に商品ページを公開できます。タイマー機能があれば公開したいタイミングに制作したページを予定通り公開できます。

更新履歴を閲覧することもコンテンツマネジメントシステム導入で行うことができます。例えば更新履歴を閲覧できれば誰がページの編集を行ったのか管理者は知ることができます。また、もし更新された内容が適切でない時は過去の状態に戻すことができます。実際にコンテンツマネジメントシステムを導入してサイトを運営する時は複数の人で編集作業を行うこともあるので、更新履歴閲覧機能があれば作業負担が少なくなると感じる運営者も少なくないでしょう。